【2019.8.17~19】サバイバルキャンプ by てくてくキッズ

今回のサバイバルキャンプでは、災害時の避難先として、キャンプ場を想定し、様々なアウトドアスキルを、自然に親しみ、楽しみながら身につけて行くことを目的に開催しました。

まずは、生活拠点となるテントを設営しました。初めてのことなので、試行錯誤しながら、なんとか建てることができました。

テントが完成したので、着替えて海に出発!

みんな楽しそうに遊んでいました^^

夕飯は、薪で火を起こして、カレーを作りました。火を扱う技術の向上は、そのままサバイバル技術の向上につながります。

羽釜で炊いたご飯も格別です。

夜は探検に出かけました。
色々な生き物にも出会えました。

海は夜景が綺麗でしたね。
街の灯りが、少しだけ寂しさ誘います。。

2日目の朝を迎えました。

朝食では、紙パックを熱源にした、「カートンドック」を作りました。薪やコンロがなくても、熱々のホットドックを食べることができます。

朝食が済んだら、しっかりと安全の講習を受けて、、食料調達へ出かけました。

限られた道具で、協力して魚釣りに挑戦。

少しだけ魚を釣り上げることができました。

中には、木の棒に針と糸で道具を作って釣り上げた子も!

釣り針も尽きてしまったので、午後からは海で遊びます。海が暑くなった体を冷やしてくれました。

海から上がってドラム缶風呂へ。

3日目はイカダ作りに挑戦です。

雨が少し降る中、なんとか凌ぎながらイカダを完成させました。

グループごとに、イカダを漕いでみました。
転覆しない、しっかりとしたイカダが出来ました^^

イカダの後は海遊び〜

天気はイマイチだけど、元気一杯です^^

三日間で、サバイバルスキルを身につけることが出来たかな??

この経験が、この先の遊びや、災害時を生き抜く時に役立てば嬉しいなと思います。

また、自然の中で遊びましょう!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA